合宿免許のメリットとデメリット

###Site Name###

車の免許を取得する際に、ほとんどの人が教習所に通います。その教習所の費用が結構高く、20~30万円程度が相場となっています。

また、空いた時間に通う必要があるため、日にちもかかり、免許取得までには時間とコストが意外とかかるものです。



それを解決してくれるのが合宿免許です。

合宿で泊まりこむため、出来るだけ早く教習を終了できるようにスケジュールが組まれ、費用も、通いの教習所に比べて非常に安価に免許取得をすることが出来ます。


大学生などまとまった時間が確保できる人に非常に人気のサービスです。

しかし、こう言った合宿免許にはメリットとデメリットがあります。

車の運転は時に命を奪いかねないため、十分に理解した上で利用する必要があります。まず、前述のように合宿免許には非常に大きなメリットがあります。まとまった時間さえ確保できれば安く、早く免許を取得することができ、同じ教習所を利用している仲間との出会いもあるかもしれません。

しかし、一方で合宿免許で取得した人は通いの教習所を利用して免許を取得した人よりも事故率が高いのです。



合宿免許は一般的に地方に設置されていることが多く、法律で義務付けられている高速教習なども交通量の少ない道路を利用し、道幅や、車線数も少ない道が多いのです。

そのため、大阪や東京に在住している人が免許を取得して実際に環状線や首都高速を利用した際に、その複雑な車の流れについていけず事故を起こしてしまう可能性があるのです。

このように、一部ではあるが、デメリットもあることを理解して利用することをおすすめします。



特に都市部に生活拠点を持つ人の場合は、免許を取得しても出来るだけ練習期間をしっかりと設けた状態で運転することをお薦めします。